「ポケモンGO」地域格差問題を解消へ ポケモン交換できる新機能追加も (1/3ページ)

2016.8.22 07:14

宇都宮崇人専務執行役員
宇都宮崇人専務執行役員【拡大】

  • 川島優志アジア統括本部長

 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の企画開発・運営に携わるポケモン(東京)、米ナイアンティックの幹部がフジサンケイビジネスアイの取材に対し、地方都市でアイテム(道具)を獲得できる場所が比較的少ないなど、都市部と遊びやすさに差がある状況を地方自治体との連携などで改善する方針を示した。将来的に、捕まえた「ポケモン」を利用者同士が交換できるようにするなどの新機能を追加する考えも明らかにした。

 ポケモンの宇都宮崇人専務執行役員が都内で、ナイアンティックの川島優志アジア統括本部長が米国からテレビ電話で取材に応じた。

 ポケモンGOは衛星利用測位システム(GPS)を使って、利用者が移動しながら架空の生物ポケモン(ポケットモンスター)を捕まえて遊ぶ。都市部にはポケモンを捕まえるためのアイテムを得る「ポケストップ」が多く、ポケモンの出現率も高い。

宇都宮氏は「地域で格差がある問題を解決したい」と強調した

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。