「おーいお茶」の音など初の商標認定 特許庁、メロディーや動き含め43件

2015.10.28 05:28

 特許庁は27日、今年4月に受け付けを始めた音や動きなど新しいタイプの商標を初めて認定したと発表した。「♪ヒ・サ・ミ・ツ」(久光製薬)や「ファイトー、イッパーツ」(大正製薬)といったテレビCMでおなじみのメロディーなど計43件。企業の知的財産を保護することで、ブランド戦略の構築を支援する。

 初認定を受けたのは「おーいお茶」(伊藤園)などの音21件、エステーのCMに登場するひよこなどの動き16件、化粧品のマークなどの特徴的な位置5件、ギフトカードなどのホログラム1件となった。

 今後、各社が登録料を納付した後で早ければ11月上旬にも正式登録され、10年間の独占権が認められる。

 商標は従来、文字や図形、立体など形あるものに限られていたが、4月1日施行の改正商標法で音や色彩など形のない知財の権利が認められた。

 米国では映画スター・ウォーズのキャラクター「ダース・ベイダー」の呼吸音や、宝飾品大手ティファニーが包装箱で使う青色が登録済みだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。