口腔がん撲滅へ歯科医連携 検診システム化、医療費削減に一役 (1/3ページ)

2016.1.28 07:01

口腔内を観察するベルスコープを使って口腔がん検診を行う歯科医師と患者=日本歯科大付属病院

口腔内を観察するベルスコープを使って口腔がん検診を行う歯科医師と患者=日本歯科大付属病院【拡大】

 先進国で唯一、患者数が増え続け、死亡率も46%に達する口腔(こうくう)がんの撲滅を目指す歯科医院のネットワークが誕生する。産学一体で撲滅に取り組む「お口の健診」(東京都新宿区)が29日に本格始動、口腔内検診による早期発見に関心を示す医院に参加を呼びかけ、6月から検診システムを稼働させる。死亡者が増えているのは、早期発見につながる個別検診の受診率が約2%と低いため。特定検診が約50%まで高まると、医療費を年約10兆円(4分の1)削減できるとの試算もあり、健康経営に熱心な企業を中心に検診を受けるよう呼びかけていく。

 早期発見で死亡率減

 「検診のシステム化で口腔がんの死亡率を引き下げ、医療費削減を目指す」。お口の健診を立ち上げたコンサルティング会社、デジタルワンの中谷泰志社長はネットワークづくりの狙いをこう語る。

 検診システム構築に向け、中谷社長が全額出資して昨年12月14日、お口の健診を設立。29日付で第三者割当増資を行い、デジタルワン(出資比率66.6%)のほか、健康食品の卸販売などを手がけるトータルヘルスコンサルティング(20%)、口腔内を観察する「ベルスコープ」の日本国内正規総代理店フィンガルリンク(6.6%)、歯科医師のネットワークを持つプレミアライン(6.6%)が出資。資本金を100万円から1500万円に引き上げる。

同時に東京歯科大や日本歯科大などの教授ら4人が顧問として参加

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。