国産ディーゼル4車種で排ガス基準超す 最大10倍、不正は否定 国交省調査 (1/2ページ)

2016.3.4 06:21

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題を受けた有識者会議=3日、国土交通省

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題を受けた有識者会議=3日、国土交通省【拡大】

 フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題を受け、国土交通省が一般道や高速道で実施したディーゼル車の走行調査で、国内3社の4車種が、排ガス基準を2~10倍程度上回る窒素酸化物(NOx)を排出したことが3日、分かった。室内で台上に車体を固定して実施する現行の認証試験では基準を満たしていたが実際に路上で走行したところ、排出量が増加した。

 国交省の有識者会議は同日、新型車の認証試験を厳格化するため、具体策の検討を本格化させた。路上での走行試験を導入し、NOx排出の低減を図る方針だ。

 調査対象はトヨタ自動車、日産自動車、マツダ、三菱自動車の乗用車計5車種と貨物車1車種。マツダの2車種を除く4車種は、現行試験のNOx排出量の基準値を2~5倍程度上回った。走行区間によっては10倍程度になる車種もあった。

 国交省は調査結果について、渋滞時や急発進時などにNOxの排出が増えると指摘。特に10倍程度に悪化したことに関して「外気温が低い場合などは、エンジン保護のため排ガス低減装置の機能が停止する仕組みになっている」と説明している。

政府は、燃費や排ガス性能の優れた「クリーンディーゼル車」の普及を促進

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。