わかりにくいバター輸入のしくみ 「国がもうけて、消費者にしわ寄せ」との声も (1/4ページ)

2015.3.8 07:02

独立行政法人・農畜産業振興機構が実施する輸入バターの入札が行われる部屋=2月5日、東京都港区

独立行政法人・農畜産業振興機構が実施する輸入バターの入札が行われる部屋=2月5日、東京都港区【拡大】

  • パンケーキに欠かせないバターだが…

【早坂礼子の経済ウォッチング】

 2月5日午前11時、東京都港区にあるオフィスビルの一室。机の真ん中に木製の箱が置かれ、係員がひとり控えている。独立行政法人・農畜産振興機構によるバター輸入の入札だ。

 この日、1120トン分のバターを輸入する権利をめぐって応札したのは6社。1社ひとりずつ順番に入室し、所定の書式に必要事項を書き込んだ用紙を箱に入れて退室する。制限時間は開始から30分だが、全社が紙を入れ終われば解散。係員が箱を開け、最も低い金額を提示した社から順に応札量をコンピューターに入力していく。今回の入札数量の1120トンに達したらそこで打ち切りだ。落札したのは2社で、その内容は同日午後5時に同機構のホームページ上で公表された。

 日本は1993年12月に妥結した関税貿易一般協定(GATT)多国間貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)で過去の輸入実績に基づいたカレント・アクセス(CA)分として生乳換算で13万7000トンの乳製品を毎年輸入すると約束し、協定が発効した95年度から実施している。

法律で規定された農水省所管の法人で…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。