小さくなったマタニティーマーク 批判に萎縮…「付けたくない」 (1/4ページ)

2016.1.24 07:19

昨年12月に発売された「初めてのたまごクラブ」の付録のマタニティーマークをあしらったストラップ(右)。平成23年の付録(左)に比べ小さくなっている(ベネッセコーポレーション提供)

昨年12月に発売された「初めてのたまごクラブ」の付録のマタニティーマークをあしらったストラップ(右)。平成23年の付録(左)に比べ小さくなっている(ベネッセコーポレーション提供)【拡大】

 妊娠中の女性が身につけている「マタニティーマーク」。厚生労働省が平成18年に定めてから、まもなく10年になる。周囲に妊婦への配慮を求めるマークだが、インターネット上では「幸せ自慢」「妊娠は病気じゃない」など批判の声もあり、「付けたくない」と萎縮する人も出てきた。最近はマークの大きさも遠慮がちに小さくなっている。(中井なつみ)

 初期こそつらい

 赤ちゃんに寄り添う女性がデザインされたマタニティーマークは、厚労省が公募で選出。おなかの膨らみが目立たない妊娠初期ほどつわりなど体調不良に悩むケースが多いため、交通機関を利用する際などに周囲に配慮を求めることが狙い。交通各社は優先席にマークを掲げ、席を譲るよう呼びかけている。

 9割以上の自治体がマークの付いたストラップやキーホルダーなどのグッズを母子手帳とともに渡しているほか、駅などでも配布。厚労省の担当者は「(マークが)かなり浸透している」とする。

「マークは幸せ自慢だ」と書き込んでいるのを発見

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。