英語で話しているのに外国人をイラっとさせてしまう日本人の振るまい (1/6ページ)

2017.3.12 13:12

 外国人は、日本人との英語での会話中、日本人が気づかないうちにイラっとすることがあるようだ。しかし、英会話についていくだけでいっぱいいっぱいになる初心者にとっては、そこまで思いもよらない。そこで今回は、外国人に嫌われがちな日本人の会話中のふるまいとその対策を英会話講師の方に聞いた。

 ■日本人の英会話中の嫌われるふるまい7つ

 今回教えてくれたのは、20年以上の教師歴を持つ、英会話イーオンの箱田 勝良さんだ。日本人は英語圏の外国人と会話中、気づかないうちに次のような嫌われるふるまいをしてしまっているという。

 1.日本語特有の応答を連発する

  「関心したときの『へー』、驚いたときの『えー』、相づちの『うん』など、つい出てしまう日本語特有の応答。一度うっかり言ってしまうくらいであれば問題ありませんが、口癖のように連発すると外国人はイラッとするようです。これらの応答は、外国人には日本語というよりも『音』として聞こえるそうで、とても耳障りなのだとか」

 2.会話中に目が合うと視線をそらす

  「会話中に目が合ったとき、視線をそらす行為も「何かを隠している」とか「話を聞いていない」という印象を外国人に与えます。日本では、凝視するのはむしろ失礼だといわれるせいか、アイコンタクトが苦手だったり、外国人の基準では少なかったりする人が多いようです」

言ってしまいがちなあのフレーズはバカにされているように聞こえるそう

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。