サイトマップ RSS

【STAP細胞】序盤でつまずき 万能性確認できず 検証実験中間報告 (1/5ページ)

2014.8.28 09:30

STAP現象の検証の中間報告が行われたが、現時点では「検出できていない」の一点張りだった=2014年8月27日午後、東京都墨田区(大橋純人撮影)

STAP現象の検証の中間報告が行われたが、現時点では「検出できていない」の一点張りだった=2014年8月27日午後、東京都墨田区(大橋純人撮影)【拡大】

  • 【STAP細胞】理化学研究所の検証実験=2014年8月27日
  • 【STAP細胞】理化学研究所の検証実験計画と中間報告=2014年8月27日

 STAP細胞が存在するかを確かめる理化学研究所の検証実験は、初期段階で大きくつまずいた。8月27日に公表された中間報告では、開始から約4カ月たっても細胞を作製できず、存在を肯定する成果は出なかった。理研は「白黒つける」として来春まで実験を続けるが、存在の証明は現時点では難しい状況だ。

 「接着」半分以下

 STAP細胞は、マウスの体の細胞を弱酸性の溶液に浸すだけで作製できる新型の万能細胞とされた。小保方晴子(おぼかた・はるこ)氏らが発表したSTAP論文(撤回済み)の作製法では、まず酸性溶液に浸した細胞で、万能性の指標となる遺伝子が働いているかを調べた。

 検証チームはこれに沿って、万能性の遺伝子が機能すると細胞が緑色に光るよう遺伝子操作したマウスを用意。生後1週間のマウスの脾臓(ひぞう)からリンパ球を取り出し、酸性溶液に浸して細胞が光るか観察した。

 22回の実験の結果、光る細胞は一部で見られたものの、万能性遺伝子が働いたことを示す特徴は確認できなかった。発光したケースでは緑色だけでなく、遺伝子の働きでは見られない赤色の光を含んでおり、細胞が自然に発光する別の現象が起きた可能性が高い。

万能性遺伝子の働きが確認できなければ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ