サイトマップ RSS

建物の一室を立体展示 当時さながらに鑑賞 「世界遺産 ポンペイの壁画展」

2016.3.28 10:30

「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」後1世紀_ナポリ国立考古学博物館蔵(提供写真)。(C)ARCHIVIO_DELL’ARTE-Luciano_Pedicini/fotografo

「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」後1世紀_ナポリ国立考古学博物館蔵(提供写真)。(C)ARCHIVIO_DELL’ARTE-Luciano_Pedicini/fotografo【拡大】

 【アートクルーズ】

 森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6の10の1)では4月29日~7月3日まで、日伊国交樹立150年記念「世界遺産 ポンペイの壁画展」が開催される。18世紀に発見され、これまでイタリア国外に持ち出されたことのない「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」など古代ローマの文化や暮らしを伝える約80点が展示される。

 ポンペイは紀元後79年、ベスビオ火山の噴火で突然、死の町と化し、時代や暮らしが瞬間的に閉じ込められた。1748年に発掘が始まり、深さ約5メートルの地中から古代の町が出現すると、人々は大きな衝撃を受けた。1997年に世界遺産に登録され、年間200万人以上が訪れる観光地に生まれ変わっている。

 今回の展覧会では、当時の人々の美意識とスケール感を共有できるように、「カルミアーノの農園別荘」と呼ばれる建物の一室を、立体展示で再構成。ポンペイの赤が象徴的な16枚のパネルを2000年前さながらに鑑賞させる。

 「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」は、ギリシャ神話が題材。縦218×横182×厚さ35cmの大作だ。英雄ヘラクレスは、アルカディア地方の王女アウゲに生ませた子テレフォスと偶然、遭遇する。テレフォスはパルテニオン山に捨てられ、牝鹿(めじか)の乳で育てられていた。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ