インドネシア、12日に未加工鉱石の輸出禁止 緩和策模索の動きも (1/2ページ)

2014.1.10 07:30

 インドネシアで未加工鉱石の輸出禁止の開始が12日に迫っている。資源輸出への依存度を低減して高付加価値製品の輸出を増加させるための措置。禁輸が実施されると、短期的には輸出の大幅な後退が免れず、鉱業会社などの反発が高まっている。米金融大手シティグループによると、禁輸で年間輸出額は50億ドル(約5246億円)程度減少する見通しだ。現地紙ジャカルタ・ポストなどが報じた。

 同国は2009年に新鉱業法を制定。国内で採取した鉱石を加工してから輸出するよう義務付けていた。政府の決定はこの法律を本格的に適用するもので、インドネシアで活動し、加工施設を持たない鉱業各社は、原則として同国内に加工施設を建設して加工品を輸出するか、加工施設を持つ企業に未加工鉱石の売却を迫られる。

 新鉱業法制定以降、鉱業各社のなかでは加工施設を建設する動きもみられたが、現在までに政府に提出された新設計画117件のうち実行段階に進んだのは23件のみ。大半の計画は禁輸実施に間に合わない状況だ。鉱業各社や業界団体は性急だとして延期や条件付きの運用を求めているが、議会は4年間の準備期間があったと冷たい反応を示している。

「加工品輸出は現在の50億ドルから16年までに91億ドルに増加する」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。