サイトマップ RSS

ウクライナ大統領選 ポロシェンコ氏が勝利宣言 (1/5ページ)

2014.5.27 09:35

ウクライナ大統領選_主な候補の得票率(開票率_約60%)=2014年5月26日現在

ウクライナ大統領選_主な候補の得票率(開票率_約60%)=2014年5月26日現在【拡大】

  • ウクライナ・首都キエフ、ドネツク州、ルガンスク州。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。

 ウクライナ大統領選は5月26日、中央選管による開票率約60%時点の暫定集計で、親欧米派の実業家、ペトロ・ポロシェンコ最高会議議員(48)が得票率約54%を得票となり他候補を引き離した。ポロシェンコ氏は25日夜の記者会見で「ウクライナは新大統領を得た」と勝利を宣言し、「国民の多数派が欧州統合路線を信任した」と強調した。

 暫定集計では、親欧米派のユリア・ティモシェンコ元首相(53)が得票率13%、元記者の親欧米派、オレグ・リャシュコ氏(41)が8%と続いている。親露派のセルゲイ・チギプコ元副首相(54)は5%と低迷した。ポロシェンコ氏が投票総数の過半数を獲得し、6月15日の決選投票を待たずに勝利を決める公算となった。

 ポロシェンコ氏は記者会見で「ロシア抜きに地域の安定はあり得ない」と対露関係の重要性を指摘する一方、ロシアが南部クリミア半島を一方的に併合したことについては「違法な住民投票と占領を決して認めない」と強調した。

東部2州での「戦争と混乱」を終わらせること

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ