サイトマップ RSS

イスラム国はエボラ出血熱テロを謀るゾンビ集団と化すのか (4/6ページ)

2014.12.1 06:00

シリア北部の支配地域で、ミサイルと共にパレードする「イスラム国」の戦闘員。この狂信的過激組織にウイルスが渡れば、恐ろしいバイオテロがあるとみてよい(AP)

シリア北部の支配地域で、ミサイルと共にパレードする「イスラム国」の戦闘員。この狂信的過激組織にウイルスが渡れば、恐ろしいバイオテロがあるとみてよい(AP)【拡大】

 天然痘ウイルスも恐ろし

 「忘れられたウイルス」は確実に存在するということだ。

 大勢の人々が天然痘にかかり免疫を獲得した時代の死亡率が40%。免疫保持者が少ない時代の死亡率は40%をはるかに超える。テロリストにしてみれば、天然痘は使い勝手のよい兵器なのだろう。すなわち-

 (1)完全な特効薬が未完成のエボラウイルスは拡散前に決死の覚悟が伴うが、天然痘にはワクチンが在る。テロリストが接種すれば発病の危険は低い(2)サリンなど化学兵器の多くは即効性があり、他者が倒れて危険を悟る。一方、天然痘の潜伏期間は7日~17日で、発覚が遅れる。凍結乾燥も可能で、人口密集地でまけば感染者が発症し、ようやく天然痘だと判明しても、ワクチンが届き効果を発揮するまで感染は膨張の一途(3)ヒト~ヒトへの感染の他、寝具や衣服からも移る。実際18世紀の北米大陸で英国軍は、天然痘患者が使用した毛布などをインディアンに贈り民族浄化を謀った(意図的を否定する説アリ)(4)天然痘ウイルスの生命力は高く、乾燥した冬季なら数カ月間生き抜く(5)培養が比較的容易…など。

広範囲で迅速=交通手段の進歩と国際化も惨劇の加速を許す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ