サイトマップ RSS

イラク軍 ティクリート一部制圧 「イスラム国」地域 米はイラン介入黙認 (2/4ページ)

2015.3.4 09:05

2月2日、イラク・首都バグダッド北方で「イスラム国」を攻撃するイラク軍=2015年(ゲッティ=共同)

2月2日、イラク・首都バグダッド北方で「イスラム国」を攻撃するイラク軍=2015年(ゲッティ=共同)【拡大】

  • イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の活動領域=2015年1月18日現在

 今回の作戦は、イスラム国が拠点とする北部モスル奪還に向けた重要な一歩と位置づけられている。ただイラク軍はこれまでもティクリート奪還にたびたび失敗しており、作戦の成否は予断を許さない状況だ。(カイロ 大内清/SANKEI EXPRESS

 米政府筋は2日、イラク北部ティクリートの奪還作戦で、イランが支援していることを確認した。一方、国防総省のウォーレン報道部長は、この作戦に米軍は関与していないとしており、米側がイランによる介入を黙認している実態が明らかになった。

 米政府筋によると、イラン革命防衛隊(IRGC)は今回、無人機やロケット砲、迫撃砲などを投入している。だが、米軍は空爆による支援はもとより、作戦計画への助言すらしていない。

 その理由について、ウォーレン氏は記者会見で「イラクが支援を求めなかったためだ」と説明した。政府筋は「イラクが米国に要請しなかったのは、イランの支援を得たからだ」とみている。

バグダッド郊外にあるスンニ派の町を奪還した例も

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ