サイトマップ RSS

【アメリカを読む】広がる賃上げ 労働力獲得競争が激化 (3/4ページ)

2015.3.31 09:55

3月26日、米アラバマ州バーミングハムのコミュニティーカレッジで演説し、改めて最低賃金の引き上げを求めるバラク・オバマ大統領。会場には、中間層を支援するオバマ政権の政策「ミドルクラス・エコノミクス」の看板も掲げられた=2015年(ロイター)

3月26日、米アラバマ州バーミングハムのコミュニティーカレッジで演説し、改めて最低賃金の引き上げを求めるバラク・オバマ大統領。会場には、中間層を支援するオバマ政権の政策「ミドルクラス・エコノミクス」の看板も掲げられた=2015年(ロイター)【拡大】

 オバマ氏の思惑通り

 ウォルマートやターゲットの賃上げはオバマ氏にとっては思惑通りの展開だといえる。オバマ氏は昨年、連邦政府の契約企業職員らの最低賃金を10.10ドルとする大統領令に署名するなど、賃上げを求める姿勢をことあるごとに強調してきた。得意の弁舌で世論に呼びかけることで企業に圧力かける狙いだ。また議会では共和党が連邦政府が法律で定める最低賃金(7.25ドル)の引き上げに反対しているが、オバマ氏は今年1月の一般教書演説で「懸命に働いている何百万もの米国民の賃金を上げるために票を投じるべきだ」と共和党に対応を迫っている。

 ただし今回の賃上げの流れが実際に労働者の本格的な生活向上につながるかどうかには不透明さも残っている。米国の労働市場では賃上げペースの遅さに加えて、フルタイムでの勤務を希望しながらもパートタイムの仕事しか見つけられない労働者が多くいることが問題となっているからだ。

生活向上は不透明

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ