サイトマップ RSS

「おしどり夫婦」の真実 鳥は4割が浮気の子、人間は? (1/3ページ)

2015.4.3 11:20

ヨーロッパでは赤ちゃんを運んで来る鳥として有名なコウノトリは一夫一婦=2015年1月31日(唐木英明さん撮影)

ヨーロッパでは赤ちゃんを運んで来る鳥として有名なコウノトリは一夫一婦=2015年1月31日(唐木英明さん撮影)【拡大】

  • フラミンゴの色は餌の藍藻(らんそう)の色。大きな群れで暮らすが、夫婦はお互いを見分けている=2015年2月27日(唐木英明さん撮影)
  • ツクシガモは一夫多妻が一般的なカモの仲間には珍しい一夫一婦=2015年2月28日(唐木英明さん撮影)
  • オスがきれいでメスが地味なオシドリは一夫多妻の典型=2015年2月28日(唐木英明さん撮影)
  • ニワトリは東南アジアの野鶏を家畜化したもので、一夫多妻=2015年2月28日(唐木英明さん撮影)
  • スズメ、カラスなど、身近な鳥の大部分は雌雄の外見がほとんど同じで一夫一婦=2015年3月14日(唐木英明さん撮影)
  • 東京大学名誉教授、唐木英明さん=2015年3月3日(田中幸美撮影)

 仲のいい夫婦を「おしどり夫婦」と言うが、ほとんどの鳥が一夫一婦で、夫婦が協力して子供を育てる。実は、動物の世界では一夫多妻が一般的だ。

 「遺伝子を増やしたものだけが生き残る」という進化の法則から考えると、何億もの精子を作るオスは、メス選びに時間を浪費しないで多くのメスに子供を作らせることが重要。一方、少数の卵子しか作れないメスは、最も優れたオスの遺伝子を選ぶことが重要になる。一夫多妻は両者の要求に応える制度といえるだろう。

 これに対し、多くの鳥が一夫一婦を選択しているのは、卵という超未熟児を生むためだ。その結果、鳥は空を飛ぶことができる軽い体を手に入れたが、長い子育てを援助する夫も必要になった。

 そこでメスは子育てを手伝ってくれるオスを探さなくてはならない。人間も最近は育児を手伝ってくれる“イクメン”が人気と聞くが、選ぶポイントは優しさだろうか。

 鳥のメスが考えるイクメンの条件は忍耐心。どうやって見分けるかというと、メスはオスが言い寄っても必ず逃げる。本当に嫌な時は飛び去るが、大体は歩いて逃げる。そして、最後まで追ってきたオスを忍耐心があるオスとして、メスは求愛を受け入れるのだ。

夫婦でいるのは交尾の期間だけ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ