サイトマップ RSS

いい意味の刺激、小学生にも見せたい 園子温監督×中嶋イッキュウ(tricot) 映画「ラブ&ピース」 (3/6ページ)

2015.6.30 11:30

映画「ラブ&ピース」の鍵となる亀を持った、園子温(その・しおん)監督と中嶋イッキュウさん=2015年6月24日(伊藤香織さん撮影)

映画「ラブ&ピース」の鍵となる亀を持った、園子温(その・しおん)監督と中嶋イッキュウさん=2015年6月24日(伊藤香織さん撮影)【拡大】

 自分自身を投影

 中嶋 主人公は25年前の監督自身なんですか?

  僕自身も隠しています。27歳ごろで、商業映画にデビューできず、黙々と四畳半で台本を書いていた。最初に書くきっかけは主人公と同じで、僕が亀と目が合っちゃった。「寂しい同士、語り合うか」って買って帰ろうかとしたけど、それをあえてやめて、買って帰った人を描いてみようと。亀だからこそ、俺の当時の孤独を感情にもできたというのがあると思うんです。

 中嶋 ミュージシャンが主人公なので、すごいリアルでした。O-EASTのくだりとか。1回目に見た時は悲しいとか楽しいとかいろんな感情が出てきたんですけど、2回目はバンドマンとして見てて、切なくなって。

  僕も高校時代は映画よりもバンドだったのでわかります。当時はいわゆるシンガー・ソングライターってヤツですね。

 中嶋 詩もよく書かれていたんですよね?

  授業中にバレないように歌詞を書いているうちに現代詩みたいな世界に入っていって。一方で、(ヤマハ)ポピュラーソングコンテストに入賞していたりもしたんです。

ホラー映画を見た後じゃないような空気になった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ