サイトマップ RSS

石垣島から 海への感謝込めた船越屋ハーリー (1/4ページ)

2015.9.4 10:00

伊原間地区の明石(あかいし)の少し先にある砂浜。潮が引くと美しい風景が観られる=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)

伊原間地区の明石(あかいし)の少し先にある砂浜。潮が引くと美しい風景が観られる=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)【拡大】

  • 太平洋側から船越屋漁港へ船を担いで向かう。いよいよ祭りが始まる=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 船越屋漁港から望む天の川。天気の良い夜は漁港から天の川がきれいに見える=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 船越屋ハーリーに参加する子供達にサバニの漕ぎ方を指導する=沖縄県石垣市(永山真司さん撮影)
  • 船越屋ハーリーで、御嶽(うたき)にて祈願する神司(かんつかさ)と海人(うみんちゅ)=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 吹道川(ふきどうがわ)のマングローブ。水面から上は良く目にするが、水の中の様子は根が複雑に絡み合って神秘的な様相だ=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 沖縄県石垣市

 日本には地域ごとに伝統的な祭りや催しが点在する。中でも沖縄県は年間を通して非常に多い。石垣島でも年間に行われる祭りは数多く、その全てに参加しようと思うと、地元の人でも難しいくらいだ。

 全国的に知名度が高いのは、旧暦の5月4日(今年は6月19日だった)に行われる「ハーリー」と呼ばれる海神祭である。ハーリーとは「爬竜(はりゅう)」の中国語読み。沖縄で伝統的に使われてきた漁船「サバニ」のへさきに竜頭、艫に竜美尾の装飾をつけた船が祭りで使われる「爬竜船」だ。

 石垣島で代表的な海神祭は、石垣漁港で開かれる「石垣市爬龍船競漕(きょうそう)大会」、東部・白保(しらほ)地区の「白保ハーリー」、北部・伊原間(いばるま)地区の「船越屋(ふなくやー)ハーリー」の3つ。中でも「船越屋」は一般参加ができるので人気がある。

 船越屋とは、伊原間の特異な地形が由来の言葉だ。伊原間は、太平洋から東シナ海までの距離が300メートルにも満たない、細くくびれた形。なので海が荒れると往年の海人(うみんちゅ=漁師)たちは、自ら船を担いで東シナ海と太平洋側を行き来していたという。

観光客も海人も みんなで思い伝える

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ