サイトマップ RSS

石垣島から 海への感謝込めた船越屋ハーリー (2/4ページ)

2015.9.4 10:00

伊原間地区の明石(あかいし)の少し先にある砂浜。潮が引くと美しい風景が観られる=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)

伊原間地区の明石(あかいし)の少し先にある砂浜。潮が引くと美しい風景が観られる=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)【拡大】

  • 太平洋側から船越屋漁港へ船を担いで向かう。いよいよ祭りが始まる=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 船越屋漁港から望む天の川。天気の良い夜は漁港から天の川がきれいに見える=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 船越屋ハーリーに参加する子供達にサバニの漕ぎ方を指導する=沖縄県石垣市(永山真司さん撮影)
  • 船越屋ハーリーで、御嶽(うたき)にて祈願する神司(かんつかさ)と海人(うみんちゅ)=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 吹道川(ふきどうがわ)のマングローブ。水面から上は良く目にするが、水の中の様子は根が複雑に絡み合って神秘的な様相だ=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 沖縄県石垣市

 伊原間で11歳の頃から海人を続ける平正一さん(90)は、「昔は貧しい村で、皆が一致団結して船を担いで漁をした。今のよう保冷する機械もなく、獲った魚は船に乗せたまま街まで運んだ」と、ごつごつした手をさすりながら話す。

 平さんの一家は、今では三世代でマリンレジャーや民宿、食堂などを抱える「たいらファミリー」を経営している。海とともに生きてきたファミリーが、海への感謝を込めて立ち上げたのが「船越屋ハーリー」だ。

 ≪観光客も海人も みんなで思い伝える≫

 「船越屋(ふなくやー)ハーリー」は、平正一さんと、息子の正吉さん(64)、妻の八重子さん(61)が、18年前に始めた海神祭で、観光客も含め一般の人が参加して一緒に楽しめるのが特徴だ。

 正吉さんは言う。「船を担いで、太平洋と東シナ海を移動させていた、先人たちの思いを後世に伝えたいと思ったのがきっかけだった。誰もが多かれ少なかれ海からの恩恵を受けている。年に一度でいいから、間接的に海と関わってる一般の人たちも参加して、尊敬の念を持って海を大事にしてほしいと考えた。地域の活性化にもつながればうれしい」

御嶽(うたき)にて竜宮の神に航海安全、豊漁祈願

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ