SankeiBiz for mobile

東日本大震災とSNS(上) 安否確認に威力 「つながる」安心

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの社会

東日本大震災とSNS(上) 安否確認に威力 「つながる」安心

更新

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県上閉伊郡大槌町で、携帯電話を操作する女性。震災直後は携帯の通話もメールもほとんどつながらなった=2011(平成23)年3月21日(産経新聞、大西史朗撮影)  【Campus新聞】

 発生から3年がたった東日本大震災は、私たちに多くの教訓を残した。災害時のITの活用もその一つ。震災後もITは進化を続け、なかでもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が急速に普及した。3年前のあの時、「デジタルネーティブ」と呼ばれる若い人たちは、SNSをどう活用したのか。神田外語大学の学生記者たちが、震災に遭遇した同世代の学生を取材し、災害時のSNSの新たな可能性を探った。

 □今週のリポーター 神田外語大 有志学生記者

 2011年3月11午後2時46分。当時、福島県内の高校を卒業したばかりだった後藤優花さん(21)は、卒業を友人たちと祝うため、福島市内に向かっていた。携帯のアラームが鳴ったと同時に地面が揺れ始め、徐々に立っていられなくなった。周囲を見渡すと、民家が暴れるように揺れ、瓦が崩れ落ちていた。店のガラスは割れ、道路には無数の亀裂が入り、遠くでは黒い煙が立ち上っていた。

 家族の安否が心配になり、自宅や両親の携帯に電話をかけたが、呼び出し音すら鳴らなかった。メールを送ろうとしても、画面には、「送信できませんでした」の文字が…。

 友人たちの安否も気になり、連絡手段として使っていたSNSサイト「mixi」に接続すると、すんなりと画面が切り替わった。そこには、「大丈夫?元気?電気や水道は大丈夫?」といった友人からのメッセージが数多く寄せられていた。SNSで友人とつながっていると感じることができ、彼女は「安心した」という。

 SNSサイトを通じた友人たちとの触れ合いは、「震災後も不安を和らげてくれた」。電気などのインフラが復旧せず、食料やガソリンなどの生活必需品がなかなか手に入らない状況で、スーパーやガソリンスタンドの営業情報をSNSで共有することもでき、大きな効力を発揮し助けられたという。

 同級生らから投稿

 神田外語大学・英米語学科3年で、岩手県大船渡市出身の鈴木美裕さん(21)は、隣町で祖母の実家がある住田町で大震災に遭遇した。

 激しい揺れの後、大船渡市で働く父親に連絡を試みたものの電話やメールは機能しなかった。母と祖母の3人で父の帰りを待った。外部からの情報は遮断され、孤立した。父が戻ってきたのは、地震発生から3日後だった。

 地震発生からおよそ2週間後、卒業したばかりの高校の同級生の安否確認のために自らホームページを立ち上げた。

 「3年2組のみんなは…」。情報が届かない状況で、祈るような思いだった。鈴木さんが立ち上げたホームページには、「私生きています」や「○○君見ました」といった多くの投稿があり、担任だった先生もそれを見て、安否を確認することができた。

 電話・メール通じず

 岩手、宮城、福島3県出身の神田外語大学の学生17人を対象に、震災時の安否確認の手段を調査したところ、電話がつながったのは、震災直後にかけた2人だけで、残りの15人はいずれも電話・メールでの連絡は不可能だった。一方で、17人のうち13人がSNSを利用してとしており、その有効性が確認できた。

 SNSは海外との連絡手段としても大活躍した。カナダ出身で、神田外語大学の教員であるドナルド・パターソンさんは震災当時も日本に滞在していた。震災後、カナダの家族に連絡するために利用した手段は電話やメールではなく、SNSの「Facebook(フェイスブック)」だった。

 「glad to hear you are okay(無事でよかった)」。パターンソンさんのページには、多くの書き込みが寄せられ、遠く離れた家族や友人たちを安心させた。(今週のリポーター:神田外語大 有志学生記者/SANKEI EXPRESS

 <取材・記事・写真>

神田外語大 有志学生記者

石崎綾奈(3年)、大橋和馬(3年)、梅津美沙貴(3年)、神立愛未(3年)

ランキング