自動車「新ビッグ3」王座の行方は? アクセル踏む“1000万台クラブ” (1/3ページ)

2014.10.4 07:12

  • 新ビッグ3の世界販売推移

 トヨタ自動車、独フォルクスワーゲン(VW)、米ゼネラル・モーターズ(GM)の自動車メーカー「新ビッグ3」のつばぜり合いが激しくなってきた。首位トヨタはVWの牙城の欧州で開幕したパリ国際モーターショーで、初の小型スポーツ用多目的車(SUV)を出展、存在感をアピールする。一方、VWは年内の世界販売1000万台超えを射程に入れ、GMは中国で大型投資に踏み切る。“王座”の行方は流動的だ。

 2日から開催中のパリ国際モーターショー。トヨタは超小型電気自動車(EV)「i-ROAD(アイロード)」に加え、従来のラインアップになかった小型SUVのコンセプトカー「C-HR」を世界初公開し、来場者の関心を集めた。

 欧州はSUVの人気が高い。C-HRは性能を高めた新型ハイブリッドシステムを採用、市販は未定だが、2016年に投入されるとみられる。

 トヨタの今年の欧州販売は約86万5000台を超え、昨年実績(約84万8000台)を上回る見通し。

豊田章男社長は「以前のように台数は追わない」と慎重な姿勢

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。