日産、今年の新車に自動運転機能採用へ 世界初、ゴーン社長が明かす

2016.3.24 13:52

ニューヨーク国際自動車ショーの会場で、インタビューに応じる日産自動車のカルロス・ゴーン社長=23日(共同)

ニューヨーク国際自動車ショーの会場で、インタビューに応じる日産自動車のカルロス・ゴーン社長=23日(共同)【拡大】

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は23日、高速道路に限定した自動運転機能を「今年発売する新モデルに採用する」と明らかにした。車種は明言しなかったが、全面改良するミニバン「セレナ」に搭載する見通し。世界に先駆けて日本で今年導入する。

 米ニューヨークで23日始まった「ニューヨーク国際自動車ショー」の会場で、共同通信などとのインタビューで語った。

 この機能は、高速道路での走行で、搭載したカメラやレーダーなどを使って道路の白線や前方を走る自動車を検知し、ハンドル操作や加速、減速を自動的に行う。

 日産は、搭載する車種を徐々に拡大。2018年に高速道路での自動的な車線変更も可能な機能を導入し、20年には交差点を含む市街地での自動運転機能の実用化を目指している。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。