三井物産が時差出勤を6月導入 始業時刻を前後に90分ずらして勤務

2017.3.2 13:01

 三井物産は2日、働き方改革を進めるため、社員それぞれの事情に応じて勤務時間帯を最大90分間ずらせる「時差出勤制度」を6月から導入すると発表した。10月からは子育てなどの両立を支援する施策も拡充する。

 通常の勤務時間は午前9時15分から午後5時半だが、新制度により午前7時45分から午後4時まで、午前10時45分から午後7時までといった働き方が可能になる。1日の所定労働時間の7時間15分は維持する。昨年6~8月に一部社員を対象に試験導入し好評だったことから正式に制度化することにした。

 新たな両立支援策としては、延長保育代の一部費用を補助したり、家事代行サービスを割引で利用できたりする内容を打ち出した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。