特許数、トヨタ初の首位に 15年4614件 自動運転、環境技術強化など反映 (1/3ページ)

2016.3.29 06:36

 2015年の国内の企業別特許登録件数で、トヨタ自動車が初めて首位に立ったことが28日、分かった。国際競争に先手を打つため先進安全システムや環境技術などの研究開発を強化したことを反映したもようだ。例年上位を占める電機メーカーは業績の不振を反映してか落ち込みが大きく、明暗が分かれた。特許庁が29日発表の報告書で明らかにする。

 企業別件数は04年から公表している。15年のトヨタは前年比19.5%増の4614件となり、前年の4位から順位を上げた。「年間1兆円前後の研究開発費を投じてきたことの一つの成果」(トヨタ関係者)といえそうだ。

 政府と自動車各社が20年までの実用化を目指す自動運転分野では、運転者の走行データを学習する運転支援装置や、車線変更を自動で行う車両制御装置などを登録。水素を使って走る燃料電池車(FCV)関連では燃料電池や電動車両の製造方法などを登録した。

 一方、前年首位だったキヤノンは19.1%減の3717件で2位。13年まで10年連続でトップを走っていたパナソニックは42.7%減の5位に後退するなど、電機メーカーは上位陣が軒並み件数を減らしている。

「オープン・クローズ戦略」が広がり始めたことで、特許出願自体も減少傾向

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。