台風21号が列島接近 超大型で上陸の恐れ 衆院選投開票日は大荒れに (1/2ページ)

強風域が直径1900キロで北海道から鹿児島まですっぽり覆う超大型の台風21号をとらえた静止気象衛星ひまわりの画像。21日朝から中心の目がはっきりと見えるようになった=21日正午(気象庁提供)
強風域が直径1900キロで北海道から鹿児島まですっぽり覆う超大型の台風21号をとらえた静止気象衛星ひまわりの画像。21日朝から中心の目がはっきりと見えるようになった=21日正午(気象庁提供)【拡大】

 衆院選投開票日の22日に列島へ接近すると予想される超大型で非常に強い台風21号について、気象庁は21日、22日夜から翌朝にかけて東海、関東地方に上陸する恐れがあり、通勤ラッシュにも影響する可能性があることを明らかにした。22日夜には風雨が強まるため、投票率や投開票の作業にも影響が出そうだ。

 気象庁によると、台風21号は日本の南海上を北上しており、22日正午ごろには沖縄に、22日夜から23日朝にかけて紀伊半島から房総半島にかけての本州南岸へ上陸する可能性がある。

 進路上の海面水温が平年より1、2度高く、勢力を強めつつ進んでいる。上陸前に若干弱まる予想だが、風速40メートル以上の強い勢力を維持したまま接近するとみられる。

 停滞前線が活発化する影響で接近前から大雨になる恐れがある。22日午後6時までの24時間予想雨量は多いところで東海300ミリ、近畿、四国250ミリ、関東甲信、九州200ミリ、北陸130ミリ。23日午後6時まででは東海600ミリ、近畿、関東甲信、北陸400ミリ、中国、四国、東北300ミリ、伊豆諸島200ミリ。

東海から関東にかけて高潮で浸水の恐れ