サイトマップ RSS

Google自動運転車は「凶器」 犯罪・テロに悪用恐れ、FBI内部報告書 (1/4ページ)

2014.7.19 12:00

 米グーグルが2017年の実用化を目指し開発中の自動運転車について、米連邦捜査局(FBI)が、犯罪者やテロリストに悪用される危険性を指摘した内部報告書をまとめていたことが18日までに分かった。

 英紙ガーディアンが報じた。報告書は、ハンドルを握らず両手を自由に使えることから犯罪者が銃を乱射しながら逃走したり、テロリストがプログラムを変更し自動車爆弾として使ったりする恐れを指摘。“リーサル・ウエポン(致命的な武器や凶器)”になり得ると警告している。自動運転車の実用化には安全性の確保や法整備など課題が山積しているが、新たに捜査当局がブレーキをかけた格好だ。

 カーチェイスに革命

 「法の執行者と、それに敵対する者の双方の行為に大変革をもたらすだろう。特にカーチェイスには革命が起きる」

 FBIの報告書は、捜査における自動運転車のメリットとデメリットを分析したもの。

「車間距離を自由に設定でき、相手に気づかれずに追尾することが可能になり…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ