理研・笹井氏自殺 「小保方氏はショックを受けている状態」 (1/2ページ)

2014.8.5 17:04

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が自殺したことを受けた、5日午後の理研の会見で、加賀屋悟広報室長は、小保方晴子氏(30)が非常にショックを受けていることを明らかにした。

 小保方氏はSTAP細胞論文を笹井氏の指導で執筆した。STAP細胞の検証実験に参加し、CDBに出勤しているが、笹井氏との接点はほとんどなかったとみられるという。

 笹井氏の自殺の報に触れて、小保方氏はショックを受けている状態で、検証実験でも接点のある職員2人が、精神的ケアをするために寄り添っているという。

 「一番心配。早く対応したい」

 小保方晴子氏の代理人の三木秀夫弁護士は大阪市内で取材に応じ、笹井氏の自殺に「大変驚いている」とした上で、小保方氏の精神面のケアについて「一番心配。早く対応したい」と話した。

なぜ、こんなことになったのか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。