【STAP問題】小保方氏“存在”証明へ「説明責任果たす」…疑義にも反論

2014.6.18 11:43

 新型万能細胞とされる「STAP細胞」の存在そのものに疑義が指摘されている問題で、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)は18日、「(STAP論文の)筆頭責任者としての説明責任を果たさせていただくことを切望している」とのコメントを報道機関向けに発表した。

 小保方氏は自身も検証実験に参加し、STAP細胞の存在を証明したいとの考えを示した。

 また、さまざまな疑義が指摘されていることについては、「マウスに関しても細胞に関しても、所属していた研究室以外からの入手はない」と反論した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。