フィリピン、カジノ好調 大手ブルームベリー、14年増収増益

2015.4.13 05:00

フィリピンの首都マニラにあるソレア・リゾート・アンド・カジノ(AP)

フィリピンの首都マニラにあるソレア・リゾート・アンド・カジノ(AP)【拡大】

 フィリピンのカジノ産業が好調だ。同国でカジノ付き統合リゾート(IR)「ソレア・リゾート・アンド・カジノ」を運営する地場カジノ大手ブルームベリー・リゾーツは、2014年の最終利益が40億7000万ペソ(約109億8900万円)となり、昨年の13億1000万ペソの赤字から黒字に転換した。13年は開業に伴い初期投資がかさんだが、14年はカジノ収入の大幅な伸びにより増収増益となった。現地紙インクワイアラーなどが報じた。

 同社の14年の総収入は241億2000万ペソとなり、13年の123億4400万ペソから倍増した。総収入のうち95%がカジノによるもので、残りはホテルや商業施設などの小売り分野からとなっている。支出は前年比31%増の176億4000万ペソだったが、主に昨年11月に開業したスカイ・タワーなど施設拡張への費用が含まれており、事業運営コストは徹底的に削減したもようだ。

 同社のラソン会長兼最高経営責任者は、開業からわずか2年で黒字転換を果たしたことに満足を示すとともに、国外の事業拡大にも注力する姿勢だ。

 同社は今年3月、韓国のカジノ運営ゴールデン・アンド・ラグジュアリーの株式92%を取得したことに加え、韓国政府がカジノ拠点として整備を進める仁川経済自由区にある実尾島の購入を明らかにした。同社はすでに実尾島に隣接する舞衣島の土地も購入しており、韓国での存在感が増している。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。