日中韓FTA交渉 ソウルで始まる

2015.4.14 05:00

 日本と中国、韓国は13日、自由貿易協定(FTA)交渉の第7回会合をソウルで始めた。投資や知的財産権分野のほか、貿易自由化の水準や関税撤廃に向けた交渉の進め方などを17日まで議論する。日本と米国などが進める環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉が大詰めを迎えるなか、中韓両国が交渉の進展に向けて積極姿勢を示せるかどうかが焦点の一つとなる。

 3カ国は2013年に交渉を始めたものの、関税の撤廃や引き下げに慎重な中国と、より高い自由化を目指す日本とが対立。交渉の枠組みにも合意できず、足踏み状態が続いている。

 ただ、中国の李克強首相は3月の全国人民代表大会で日中韓FTA交渉を急ぐ考えを表明。日米が主導するTPP交渉を牽制(けんせい)するのが狙いとみられるものの、ここにきて日中韓FTA交渉が動く可能性がある。

 TPPと並ぶ大型通商協定として、東アジア各国は東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉を日中韓を中心に進めており、15年末の大筋合意を目指している。日中韓のFTA交渉が遅れたままでは、東アジア全体の通商交渉にも影響しかねないと懸念されている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。