ベトナム、損失額461億円に拡大 15年のコンピューターウイルス被害 (1/2ページ)

2016.1.27 07:47

首都ハノイにあるインターネットカフェ。ベトナムは、コンピューター安全対策の強化が急務だ(AP)

首都ハノイにあるインターネットカフェ。ベトナムは、コンピューター安全対策の強化が急務だ(AP)【拡大】

 ベトナムはコンピューターウイルスによる損失額が膨らんでいる。地場ネットワークセキュリティー最大手BKAVの調査によると、2015年の損失額は8兆7000億ドン(約461億円)に達し、前年から2000億ドンの増加となった。同国ではコンピューターウイルスなどに対するセキュリティー意識が向上しているものの、まだ十分ではなく、サイバー攻撃のリスクはさらに高まっているもようだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。

 同社の調査では、コンピューター利用者の収入とウイルス感染によるコンピューターの使用不能時間を基に損失額を算出。1人当たりの損失額は平均で125万ドンだった。

 15年は6万3000のコンピューターウイルスが新たに発見され、6170万台のコンピューターがウイルスに感染した。うち910万台はUSBの使用が原因とされる。

受信者に無断で無差別に広告などを大量に送付するスパムメールも…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。