【スズキ不適切試験会見・詳報(3)】燃費の誤差は「5%の範囲内、問題ないです」と副社長が強調 (2/6ページ)

2016.5.18 19:19

スズキの会見に出席した左から本田治副社長、鈴木修会長、鈴木俊宏社長、笠井公人・四輪技術本部長=18日午後、東京都千代田区の国交省(宮崎瑞穂撮影)

スズキの会見に出席した左から本田治副社長、鈴木修会長、鈴木俊宏社長、笠井公人・四輪技術本部長=18日午後、東京都千代田区の国交省(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

 鈴木修会長 「報告書を提出しましたので。まだお渡ししたという段階でございます」

 --誤差は何%あったのか?

 本田副社長 「『惰行法』で測定した際の誤差の範囲は『10%』といわれております。(スズキが行った試験の測定値は)十分、その範囲に入っていると私共は考えておりますが、最終的には、報告差し上げたことを国交省さまが判断すると考えており、私共は十分、範囲内と考えておりますが、最終的には国交省さまが判断すると考えております」

 --測定値は大きく乖離していないとして、燃費値についてはどうか

 「いま生産している車と、社内にある車で検証していますが…。あまり数値を言うと…。国交省さまの判断の前に言うことになるが、(誤差は)5%までいっていません。その範囲内に入っています」

 --走行抵抗値は、実測値よりも高い方ににずれているのか、低い方にずれているのか

 「両方にずれています」

 --違法な測定の判断は、どのレベルの人が関与したのか

 「国交省さまが判断することで、今、軽々に言うとまずいので、ご容赦いただければ」

 --調べて分かっているけれど、この場では言えないということか

 「『これだけははっきりしている』という点について言えば、私共は走行抵抗の目標値を、カーラインが設定します。各設計部門がそれに向かって取り組む。測定は、認証を扱っている部門が行い、その結果を持ち寄って検証します。この後どう進めるかということを、関係者が集まって話し合う。最終的に目標設定したのはカーライン、チーフエンジニアですので、カーラインが『こういう目標値でいこう』ということを決めます」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。