なぜ?絶食続ける「ダイオウグソクムシ」 どうして生きているのか (4/7ページ)

2014.2.9 07:15

絶食を続けるダイオウグソクムシ。グロテスクだが人気者だ(鳥羽水族館提供)

絶食を続けるダイオウグソクムシ。グロテスクだが人気者だ(鳥羽水族館提供)【拡大】

  • ダイオウグソクムシを飼育している鳥羽水族館=鳥羽市
  • “絶食”が続くダイオウグソクムシに見入る家族連れ
  • ダイオウグソクムシを育てる森滝丈也さん=鳥羽市
  • サンマの尾に関心を示した「No.1」。しかし、食べることはなかった=鳥羽市(鳥羽水族館提供)

 飼育中のダンゴムシの仲間のコツブムシは水槽内で発生するプランクトンを摂取している。長沼准教授は「No.1」も同様の可能性があると指摘する。ただ「ほかの個体が餌を食べている中で、なぜNo.1だけが食べないのかは分からない」といい、原因究明を訴える。

 CTによる調査も

 冬眠状態に入っている▽排泄(はいせつ)物など水中に溶け込んだ有機物を栄養分として摂取している▽もともと食の細い生きもので、食べないことが異常ではない-。ダイオウグソクムシに関する飼育記録や論文などが少ない中、森滝さんはさまざまな仮説を立て手探りで奮闘を続けている。

 生態を解明するため、昨年12月には動物病院でレントゲン撮影もしたが、肝心の内臓はまったく写っていなかった。今後は鮮明な画像が得られるCTスキャンを使って、内臓の様子を調べてみる方針だ。

「すごい生命力。神秘的。今の時代、エコで安上がりでいい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。