なぜ?絶食続ける「ダイオウグソクムシ」 どうして生きているのか (6/7ページ)

2014.2.9 07:15

絶食を続けるダイオウグソクムシ。グロテスクだが人気者だ(鳥羽水族館提供)

絶食を続けるダイオウグソクムシ。グロテスクだが人気者だ(鳥羽水族館提供)【拡大】

  • ダイオウグソクムシを飼育している鳥羽水族館=鳥羽市
  • “絶食”が続くダイオウグソクムシに見入る家族連れ
  • ダイオウグソクムシを育てる森滝丈也さん=鳥羽市
  • サンマの尾に関心を示した「No.1」。しかし、食べることはなかった=鳥羽市(鳥羽水族館提供)

 また、水槽をみつめていた60代の夫婦は「餌いらずで経済的でええね。もうすぐ年金生活だから、あやかりたい」と話した。

 めったに動かないのも特徴だ。名古屋市の会社員、上地佑来さん(24)は毎月のように訪れ“観察”しており、ちょっと動いたときは感動したという。それでも通ううちに、「餌を食べて元気に動き回ってほしい」と願うようになった。

 生態の解明は?

 「もしかしたら、体のどこかで栄養を摂(と)っているのでは」「腐らせた魚を与えてみて」

 グロテスクな姿でじっと絶食する風景が紹介された動画サイトのアクセス数は昨年3月から今月までに300万を超えた。水族館にはホームページや手紙を通じて全国から約100件の心配の声や飼育上の提案なども寄せられた。

ダイオウグソクムシ10匹が死んだ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。