サイトマップ RSS

日本は1997年度から「格差の時代」 富裕層はますます豊かに (4/4ページ)

2015.1.14 10:40

格差問題を論じ世界的なベストセラーとなった「21世紀の資本論」の著者であるフランス経済学者のトマ・ピケティ氏=2014年6月16日、英国・首都ロンドンのロンドン大経済政治学院(共同)

格差問題を論じ世界的なベストセラーとなった「21世紀の資本論」の著者であるフランス経済学者のトマ・ピケティ氏=2014年6月16日、英国・首都ロンドンのロンドン大経済政治学院(共同)【拡大】

  • 株主資本主義に構造転換した日本。大企業(資本金10億円以上)の給与100に対する配当の割合=1991年度~2013年度。※データ:財務省の法人企業統計

 全企業が、従業員給与「100」に対し、どれだけ配当に回しているかを年度ごとにみると、1970年代後半から2001年度までは「3」前後(資本金10億円以上の大企業は「7」台)だった。この比率は02年度からは徐々に上昇し、03年度は「11.5」(大企業「32」)と飛躍的に高まった(グラフ参照)。小泉改革路線は伝統的な従業員中心の日本型資本主義を株主資本主義に転換させたのだ。従業員給与を可能な限り抑制して利益を捻出し、株主配当に回すグローバル標準の経営への転換である。株主資本主義は株式を大量保有する大企業や金融機関に有利で中小・零細企業には不利、富裕層を富ませ、年金世代や次世代の子弟を育てる勤労者世代を圧迫する。日本は格差促進型経済の最中にあるようだ。(産経新聞特別記者・編集委員 田村秀男/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ