サイトマップ RSS

崇高で美しい人々の姿がここに 乾ルカ (3/5ページ)

2015.8.16 13:30

真夏の青空にそびえ立つ函館はハリストス正教会=2015年6月19日、北海道函館市(乾ルカさん撮影)

真夏の青空にそびえ立つ函館はハリストス正教会=2015年6月19日、北海道函館市(乾ルカさん撮影)【拡大】

  • 町内会の夏祭り、年に一度のハッピ姿で気合を入れる乾家の愛犬・まるが北海道の四季をお伝えします=2015年8月2日、北海道札幌市(乾ルカさん撮影)
  • 「墜落遺体_御巣鷹山の日航機123便」(飯塚訓著/講談社+α文庫、853円、提供写真)
  • 作家の乾ルカさん。父親を見送って、作家としても心境の変化が生まれた。「今まで死者の思いを書いてきましたが、残された人間の『悔い』を書きたいですね」=2015年6月9日(塩塚夢撮影)

 遺体の身元確認といっても、ただの遺体ではありません。航空機事故の遺体、しかも事故が発生したのは8月12日の夜。真夏です。ジャンボ機には乗客乗員合わせて524人が乗っていました。その中で奇跡的に生存した方が4人。つまり、520人の方々の遺体を検視することとなったのです。五体がそろっている遺体ばかりではありませんから、実際に回収されてくる遺体は520の数倍にのぼります。暑いさなかのことで、遺体も刻一刻と傷んでしまいます。ただでさえ見るに堪えない状態の遺体が、腐敗してさらに崩れ、無数の蛆(うじ)にたかられて、強烈な悪臭を放っている。そんな中、身元確認作業に従事した警察官、医師、歯科医師、看護師たちは、誤認引き渡しの絶無を期し、身元につながるひとかけらの情報も見逃すまいと、ろくに休む間もなく遺体と対峙(たいじ)し続けるのです。

 運ばれてくる遺体の描写は、読み手の想像を超えた酷いものがほとんどです。人の形をとどめていないそれらの遺体を、組織がこれ以上剥がれ落ちないように汚れを取り、髪の毛や顔、体はもちろん、脱出した内臓まできれいに洗い、ひつぎに安置するときは、できるだけ元通りの姿に戻そうとする日本赤十字社の看護師たちの姿が、とりわけ印象に残ります。

若者はぜひ一読を

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ