サイトマップ RSS

崇高で美しい人々の姿がここに 乾ルカ (4/5ページ)

2015.8.16 13:30

真夏の青空にそびえ立つ函館はハリストス正教会=2015年6月19日、北海道函館市(乾ルカさん撮影)

真夏の青空にそびえ立つ函館はハリストス正教会=2015年6月19日、北海道函館市(乾ルカさん撮影)【拡大】

  • 町内会の夏祭り、年に一度のハッピ姿で気合を入れる乾家の愛犬・まるが北海道の四季をお伝えします=2015年8月2日、北海道札幌市(乾ルカさん撮影)
  • 「墜落遺体_御巣鷹山の日航機123便」(飯塚訓著/講談社+α文庫、853円、提供写真)
  • 作家の乾ルカさん。父親を見送って、作家としても心境の変化が生まれた。「今まで死者の思いを書いてきましたが、残された人間の『悔い』を書きたいですね」=2015年6月9日(塩塚夢撮影)

 若者はぜひ一読を

 本書は紛れもなく日航機123便の悲劇を遺体の身元確認という特殊な立場から描き出した傑作ですが、私はそれに加えて、職業意識のあり方をも見事に提示していると思います。この中に出てくる身元確認に関わった方たちのほとんどは、嘔吐(おうと)し、食欲を無くし、疲れ切り、体中に死臭をしみつかせながらも、現場からけっして逃げはしません。どれほどつらくとも、これは自分の仕事、自分がここを放り出したら誰がやるのだと、強い意志をもって検視をこなしていきます。その姿は崇高で非常に美しい。自分には決してできないことだと確信しながら、それでもこんなふうに強い責任感を持って真摯(しんし)に仕事に向き合う看護師になりたかったと、初読時は思いました。いわゆる『社畜』を礼賛しているのではありません。そんな次元ではないのです。

作家 乾ルカ略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ