サイトマップ RSS

胃を直撃する「飯テロ」の数々 乾ルカ (1/5ページ)

2015.10.29 15:00

少し前の近所のナナカマド。このころは実は赤かったですが葉っぱはまだ緑で空も高く秋という感じでした。今はもう冬の領域になってきました=2015年9月16日(乾ルカさん撮影)

少し前の近所のナナカマド。このころは実は赤かったですが葉っぱはまだ緑で空も高く秋という感じでした。今はもう冬の領域になってきました=2015年9月16日(乾ルカさん撮影)【拡大】

  • 前髪が五郎丸選手風の乾家の愛犬・まるが札幌の四季をお伝えします=2015年10月20日、北海道札幌市(乾ルカさん撮影)
  • 「ぐりとぐら」(中川李枝子_文、大村百合子_絵/福音館書店、800円+税、提供写真)
  • 「大草原の小さな家」(ローラ・インガルス・ワイルダー作、ガース・ウィリアムズ画、恩地三保子訳/福音館文庫、750円+税、提供写真)
  • 「大どろぼうホッツェンプロッツ」(オトフリート・プロイスラー作、中村浩三訳/偕成社、1080円、提供写真)
  • 「ガラスの仮面」(美内すずえ著/花とゆめコミックス、463円、提供写真)

 【本の話をしよう】

 『飯テロ』という言葉を聞きます。すでに広く浸透している言葉のようですので、説明の必要はないかもしれませんが、簡単に書くと、おいしそうな料理の画像などで見るものの空腹感を刺激し、いたずらに食欲をわかせることだそうです。今なにかを食べたら確実に太ってしまうという夜の深い時間や、苦しいダイエットの最中にこのテロに遭遇すると、自分の体が体脂肪率の増加という形で破壊されてしまう、みたいな感じでしょうか。

 晩ごはんを食べて少したった時間、ちょっと小腹が空いてきたようなときに、テレビでラーメンをすすっている人を目にしたりすると、確かにこちらも食べたくなります。実物を映した画像のみならず、たとえばジブリの映画に出てくる料理は、アニメーションでもとてもおいしそうです。『天空の城ラピュタ』で出てくる食パンに目玉焼きや、『ルパン三世カリオストロの城』のミートボールスパゲティ、伯爵が食べるゆで卵なんていうのも、結構な破壊力です。

子供心にもおいしそう

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ