サイトマップ RSS

お父さん、あれが冬のオリオンです! 冥王星の名付け親だった野尻抱影が残した夢 松岡正剛 (2/4ページ)

2015.12.27 10:30

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 ぼくの少年の頃は、すでに抱影翁が愛用したという天体望遠鏡「ロング・トム」が有名で、みんな似たような望遠鏡が欲しくてたまらなかった。そのうちその文章を読むようになると、今度はみんな抱影翁のようにロマンに満ちた天体愛好者になりたくなったものだ。けれども誰も真似ができなかった。その文才はラフカディオ・ハーン(小泉八雲)譲りだったのだ。

 野尻抱影は『鞍馬天狗』やパリコミューン記などで鳴らした作家・大佛次郎の実兄である。二人は二人して日本人の血をロマンチックに沸かすことを心掛けた。こんなふうな抱影翁のメッセージが残っている。「産声を挙げた夜も、柩(ひつぎ)に釘の響く夜も、天に輝く三つ星よ、シリウスよ、讃えられてあれ!」

 【KEY BOOK】「星三百六十五夜」全4冊(野尻抱影著/中公文庫、各637円)

 いま一番読まれている本だ。春夏秋冬の毎夜の星や星座や星にまつわる有職故実やエピソードを一夜ずつ記して、全ページを満天の星物語で埋めた星界日誌。胸がときめく。こんなどぎまぎする星の浪漫を綴りきれる人は、抱影翁しかいない。それは、天体の知識と文明の精華と自分の体験とが星屑のようにまじって香りを放っているからだ。これまでさまざまなサイズの同書が各社から発行されてきたが、この4冊が手にとりやすい。

ハーンのお母さんがギリシア人 ギリシア神話にも没頭

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ