サイトマップ RSS

僕には良心がない。神経だけがある。 芥川龍之介が張りめぐらした大正ウェブ感覚 松岡正剛 (1/5ページ)

2015.12.6 11:00

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 ぼくの芥川読みはほぼ20年インターバルで、3度ほどやってきた。青春期はあの「銀のピンセットを弄ぶような言い回し」を、40代に入って「プロットの間架結構の絶妙な次第」を、55歳の頃は「大正文化背景の中で揺れ動く才能の微分感覚」を読んだ。いずれも裏切られたことがない。

 芥川の母のフクは、芥川が生まれてまもなく発狂した。11歳でフクの実兄・芥道章の養子になってみたら、その家には江戸の文人趣味が香っていた。芥川の喪失を主題にとりこむ表現感覚と擬古的な技巧感覚は、すでにこのあたりに出所している。

 病弱でやたらにアタマが切れる芥川が『羅生門』や『鼻』を書いたのは、東京帝大生として漱石山房の木曜会に出入りした前後のことである。漱石は『鼻』を褒めた。それから卒論のウィリアム・モリス論を提出し、鈴木三重吉に勧められて「赤い鳥」に最初の童話『蜘蛛の糸』を書いた。大正7年である。『地獄変』『奉教人の死』『枯野抄』もこの年だ。26歳だったが、芥川のナラティブ・スタイルはほぼ完成していた。煙草を一日180本も吸う習慣もこのころからだ。

釈迦をすら非情にした『蜘蛛の糸』のカンダタ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ