驚きの加速力、優れた操縦安定性 レクサス初のターボ車「NX200t」 (4/7ページ)

2014.11.9 08:00

  • 三眼フルLEDヘッドランプとL型インジケーター
  • NXのリア。ターボ車はデュアルマフラーカッターを装備している
  • 本革ステアリングとインパネ
  • 三眼フルLEDヘッドランプ
  • LEDリヤコンビネーションランプ
  • 「表皮一体発泡工法」を採用した“F SPORT”専用シート
  • 「NX」の後部座席。レッグスペースは広々としているが、丸みを帯びた天井はやや低い
  • パノラマルーフを開ければ、天井いっぱいに空が広がる
  • 「NX」の計器パネル
  • フロントガラスに走行速度などの情報を表示する「ヘッドアップディスプレイ」
  • 時速のほか、右折・直進レーン情報などを前もって表示する「ヘッドアップディスプレイ」(レクサスのHPから)


シャープなヘッドランプ、コーナリングランプと大きなスピンドルグリルが印象的

シャープなヘッドランプ、コーナリングランプと大きなスピンドルグリルが印象的【拡大】

 ドライバーの運転を快適にする装備にも触れておきたい。試乗前は「ステアリングヒーターなんて別に必要ないだろう」と思っていたが、10月下旬の外の寒さはなかなかで、手がかじかんでしまった。クルマに戻りスイッチを押すとすぐにハンドルが温かくなり、思わず「ありがたい」と口にしてしまった。ドアハンドルの輪郭をなぞる光のラインは、暗がりのドアの開閉時にとても役立つ。もちろん「必要ない」と言えばそれまでだが、こういった気配りが嬉しかったりする。

 フロントガラスには走行速度が浮かび上がる。これは「ヘッドアップディスプレイ」という装置。時速のほか、交差点の右折・直進レーン情報などをあらかじめ表示し、急な車線変更を回避できる親切なシステムだ。

 中国人観光客の視線を釘付けにするデザイン

 「NX」は後方ピラー(柱)が太く窓が小さいため、背後の視界があまりよくない。「ブラインドスポットモニター」は、後方から接近する車両の存在を、ミラー内のインジケーターで知らせてくれる装置だ。車線変更するときには重宝する。縦列駐車や車庫入れ時にバックするときは、複数の車載カメラで後方状況をナビ画面に映し出す「パノラミックビューモニター」が便利だ。これら以外にも、クルマの安全をサポートする機能が随所にちりばめられている。

横幅やレッグスペースは十分だが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。