【STAP論文】小保方氏、検証実験に参加 理研、新たな疑義も調査 (1/2ページ)

2014.6.30 23:17

 新型万能細胞とされる「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題で理化学研究所は30日、STAP細胞の存否を確認する検証実験に小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)を参加させると発表した。また新たに浮上した疑義について予備調査を同日開始し、これに伴い小保方氏らに対する懲戒処分の審査を停止する。

 理研は当初、小保方氏を実験に参加させない方針だったが、遺伝子データや共著者の若山照彦山梨大教授による細胞の解析などでSTAP細胞の存在に否定的な結果が出たことを考慮。理研の改革委員会が参加を強く求めたことを重くみて、科学的事実を明らかにするため方針転換した。

 小保方氏の準備が整い次第、実験に参加させる。期間は7月1日から11月末までの5カ月間。理研の別の研究者が立ち会い、監視カメラで実験の様子を撮影するなど、不正行為ができない環境を整えた上で行うとしている。

小保方らに対する処分の審査は、調査終了まで停止

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。