なぜ女性は「目先のお金」にとらわれ、男性は「スペック重視」になるのか (5/6ページ)

2016.2.6 17:08

 確かにクルマ、時計、ヘビーデューティーなウエア……。思い当たる節はあるのではないだろうか。ホームセンターなどで、いつ使うかわからない高額な工具をつい買ってしまう男性の気持ちは、女性には理解できないのだろう。

 「逆に女性は、いくら高額なブランド物でも、値段=勝ち負けとは考えません。重視するのはコストパフォーマンス、カワイさ、使い心地、素敵さです。

 また、男性は馴染みのバーで飲んだり、行きつけの店でランチを済ませることが多いのに比べ、女性は新しいお店を開拓し、その情報を共有しようとします。

 加えて、男性はプライドの生き物なので、店員さんにいい恰好をしたがる。服を買いにいって、試着だけして帰ることがなかなかできませんが、女性はプライドより実利を取るので、何着試着しようとも、気に入らなければ、何も買わずに平気で帰ります。

 つまり男性にとって、仕事を離れた領域での数字(主に、「値段」)は、細かく、面倒臭い存在以外の何ものでもないので、『どっちだっていいことに、女はなぜこだわるのだろう』とすれ違いが起きるのです」

しかし、最近は単なるすれ違いだけでは済まないようである。特に…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。