サイトマップ RSS

【御嶽山噴火】山頂覆う灰 懸命の救助活動続く (2/3ページ)

2014.9.30 10:25

噴火から3日目を迎えても激しく噴煙が上がる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)山頂付近=2014年9月29日午前、長野・岐阜県境(本社ヘリから撮影、甘利慈撮影)

噴火から3日目を迎えても激しく噴煙が上がる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)山頂付近=2014年9月29日午前、長野・岐阜県境(本社ヘリから撮影、甘利慈撮影)【拡大】

  • 色づき始めた紅葉を背に、残された登山者の救出に向かう消防と自衛隊の捜索隊=2014年9月28日午前、長野県木曽郡王滝村(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)
  • 御嶽山(おんたけさん、3067メートル)山頂付近にある山荘も火山灰にすっぽり覆われ、捜索は困難を極めた=2014年9月29日午前、長野・岐阜県境(本社ヘリから、甘利慈撮影)
  • 御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の山頂にある御嶽神社付近で捜索活動を行う自衛隊と消防の捜索隊。噴火によって社殿は火山灰に覆われ、ご祭神の像も首が折れてしまった=2014年9月28日午前(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)
  • 御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の二の池。美しい水色の湖にも火山灰が降り注いでいた。後方は白煙を上げる御嶽山=2014年9月28日午前、長野県側の御嶽山山頂付近(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)
  • 長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)=※カシミール3Dで作製
  • 2014年9月27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)が噴火した=※地形は「カシミール3D」で作製

 ≪モノクロの世界 励まし合って下山≫

 降り注いだ噴石が山小屋にぶつかり、天井からは大きな音が響く。御嶽山の山頂に近い「二ノ池本館」支配人の小寺祐介さん(34)は、逃げ込んできた登山者ら約50人にヘルメットを配り、火山灰にまみれて下山した。

 山頂付近では多くの人が心肺停止で見つかった。「犠牲者が出てしまったのは、残念でならない」。小寺さんが“その時”を振り返った。

 「わぁー」。標高約2900メートル付近にある山小屋に、数十人が叫びながら駆け込んできたのは27日正午ごろだった。小寺さんが外を見ると、すぐ近くで噴煙が空高く舞い上がっていた。

 登山者を小屋の食堂に誘導すると、天井から大きな音。「ガンガンガン」。噴石が次々に降り注いできた。大きな石が当たったトイレは、屋根が崩れ落ちた。

 「このままでは危ない」。館内にいた人全員を、屋根が二重になった場所に集め、ヘルメットを配った。「ここなら屋根が頑丈だから大丈夫。安心して」

「色がない」 白黒の世界に、言葉を失った

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ