【試乗インプレ】「昔の名前」で復活!スズキ・アルト ワークスは世界一“使える”スポーツカー (1/6ページ)

2016.4.11 07:00

  • “昔の名前”で復活したホットハッチは、ドライバーを挑発するじゃじゃ馬だった。つくば山女体山をバックに。アルトワークス(許可を得て福祉車両用駐車スペースで撮影しています)
  • 「WORKS」銘の入ったインテークはダミーで、ボンネットの隙間から吸気している。アルトワークス
  • レスポンスの良すぎるエンジン。すぐに回転が上がってしまうので、最初は発進に難儀するほど。アルトワークス
  • サウンドチューニングも素晴らしく、軽なのに始動時や低回転時は結構野太い音がして気分が盛り上がる。アルトワークス
  • 画面上にはボディを補強するバーが。軽とは思えないほどの剛性感は走らせてすぐに実感できる。アルトワークス
  • キャビンは標準グレードより狭く感じる。そのワケは…次フォトへ。アルトワークス
  • レカロ製バケットシート。座り心地とサポートは抜群なのだが、着座位置が標準グレードより高くなっているのが残念。ヘッドレストは天井に届きそうだ。アルトワークス
  • 剛性感が高く、シフト操作が気持ちいい5速マニュアルシフト。これで6速だったら最高なんだけどなぁ。アルトワークス
  • このクルマに広さを求めてはいけない。走って楽しんで、狭さを忘れるのが正しい道です。アルトワークス
  • アルトワークス
  • アルトワークス
  • ほかの軽と同様、運転席優先で左寄りにオフセットされた助手席はさらに狭く感じる。運転好きなパートナーと運転を交替しながら乗るのが良さそう。アルトワークス
  • アルトワークス
  • ハザードランプ右側とその下に収納スペースがあるが、サイズが中途半端でどう使えばいいやら。何か入れてもすぐ落ちてしまうし…アルトワークス
  • カップホルダー奥にも収納スペース。カップホルダーはセンターコンソール後端にも2つある。アルトワークス
  • 今どきの軽らしく後席広々なのは、座面が短くしてあるから。おかげで乗降性はいいけれど、サイドサポートのないベンチ形状ということもあって、中~長距離移動には向かない。とは言え、スポーツカーなのにしっかり4人乗れるということは間違いなく美点。アルトワークス
  • 後ろの窓、全開します。これ地味に大事。アルトワークス
  • 後席をたたまなくても日常の買い物程度なら十分載せられる容量。スポーツカーながらこの実用性も強みだ。アルトワークス
  • 見よ、この広大な荷室を。2人乗りと割り切れば、用途がぐんと広がるこの汎用性がうれしい。アルトワークス
  • 後席ヘッドレストを取り去ってしまえば、前席とたたんだ後席との間にも隙間があるので、高さのあるものを積むこともできる。アルトワークス
  • 外観は標準グレードとさほど変わらない。悪目立ちしたくないというミドル以上のユーザーには、このさりげなさがむしろ吉かも。アルトワークス
  • アルトワークス
  • アルトワークス
  • 標準グレードと共通デザインのボディだが、今どきの軽としてはフロントウインドーの傾斜がキツめ。スポーツグレード前提の設計だった?アルトワークス
  • アルトワークス
  • バンパー埋め込みのリアコンビランプ。初代のワゴンRをほうふつさせる。アルトワークス
  • タイヤサイズは前後ともに165/55R15。銘柄はブリジストン・ポテンザRE050Aと贅沢です。アルトワークス
  • 前後ともにKYB製のショックアブソーバーが足を固める。アルトワークス
  • 以前「試乗インプレ」で取り上げたダイハツ・ウェイクと遭遇。横に並べてみた。横幅は同じだが、車高の違いは歴然。アルトワークス
  • 以前「試乗インプレ」で取り上げたダイハツ・ウェイクと遭遇。横に並べてみた。横幅は同じだが、車高の違いは歴然。アルトワークス
  • 後ろからだとウェイクの背の高さ、真四角さがさらに際立つ。アルトよりさらに車高の低いホンダのS660やダイハツ・コペンとも並べてみたくなる。アルトワークス


 2013年の東京モーターショーでスズキの鈴木修会長が「軽は貧乏人のクルマ。スポーツカーはいらない」と発言してから2年余、「いらない」と言っていた“スポーツカー”を堂々発売した。しかもバブル期に一世を風靡した「昔の名前」で約15年ぶりの復活。そう、今回は皆様お待ちかね(ですよね?)のアルト ワークスを取り上げる。スズキはこのクルマを明確に「スポーツカー」とは呼んでいないが、専用設計の5速マニュアルシフト、圧倒的な加速、標準装備されたレカロシートなど、私から見ればスポーツカー以外の何物でもない。その実態に迫った。(文・カメラ 小島純一)

 下位グレードより地味 悪目立ちしないのがオトナの証拠?

 全体のシルエットは標準グレードのアルトとほとんど変わらない。ルーフスポイラーとボディ下部のスカート類も小ぶりで、言われなければ気が付かないくらいに、スポーツモデルとしては主張が控えめ。プロジェクター式のヘッドライトも、先行発売されたスポーツグレードのターボRSと同じもので、ワークス専用と言えるのは前後の「WORKS」銘バッヂとサイドデカールくらい。赤を基調に加飾されたターボRSよりも地味なくらいだが、むしろこの程度の加飾のほうが、普段使いでも気恥ずかしくなく乗れるのが、いい年したオッサンには嬉しかったりする。

 最近は、乗用車として軽を検討するユーザーの多くが、ワゴンRのような背高ワゴンタイプの車種を選んでいる。アルトのような昔ながらの背の低い車種(と言っても1980年代の初代ワークスの頃と比べると10センチもアップ)は、車両価格の安さから、4ナンバー登録の商用車としてのニーズのほうが主力。そう考えると、最低限「商用車っぽく」は見えない加飾が施されていることに気付く。前々回取り上げたスバル・レヴォーグのようなステーションワゴンでもそうだが、大枚はたいて購入するユーザーにとっては、せっかくの愛車が「お仕事グルマ」に見えてしまっては悲しい。ここんとこ結構大事である。

 全長と横幅は軽の規格内の最大サイズ、高さは150センチと、背高ワゴンタイプと比べると概ね15センチくらい低い。天井の低さは当然室内の広さに影響するが、逆にほとんどの立体駐車場に入れられるのはメリット。小型車でいうとちょうどトヨタのヴィッツと同じだが、横幅が短いせいもあって、もっと背が高く見える。

こりゃ相当振り回しても全然イケるぞ、などと“危険”な予感も…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。