「なぜ稼げるマリオを持ってこないのか」 任天堂のスマホアプリに落胆の声 (2/6ページ)

2015.11.22 07:02

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)【拡大】

  • ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のイメージ映像(同社のPR映像から)
  • 米ナイアンティックが運営するスマートフォン向けゲーム「イングレス」の画面
  • 経営方針説明会でプレゼンテーションする任天堂の君島達己社長=10月29日、東京都内

 実際のゲームは、プレーヤーの位置がスマホの画面に反映され、プレーヤーが歩きながら画面内のポケモンを追いかけるなどして楽しめる。従来のゲームが画面上で手を動かすだけにとどまっていたのに対して、体全体でゲームに参加できる点が魅力だ。

 ポケモンシリーズはゲームの世界でポケモンを集めて育て、友人との交換や対戦が楽しめる。石原社長は「ポケモンが現実のコミュニケーションのきっかけになっている」と指摘する。石原社長が、そんなポケモンの次の構想を練っていたところ、米グーグルから独立した米ゲーム会社「ナイアンティック」が手がけるスマホゲーム「イングレス」を知り、「ポケモンと共通する哲学」を感じた。

 「イングレス」はGPS機能を駆使し、プレーヤーの周囲にある現実の観光名所などを訪れながら、画面上で自分の陣地を広げていく陣取りゲームで、世界で累計1300万回以上ダウンロードされている。石原社長はナイアンティックに共同開発を持ちかけ、今回の「ポケモンGO」のプロジェクトが本格始動した。

忘れてはならないのは開発に参加した任天堂だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。