「なぜ稼げるマリオを持ってこないのか」 任天堂のスマホアプリに落胆の声 (6/6ページ)

2015.11.22 07:02

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)【拡大】

  • ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のイメージ映像(同社のPR映像から)
  • 米ナイアンティックが運営するスマートフォン向けゲーム「イングレス」の画面
  • 経営方針説明会でプレゼンテーションする任天堂の君島達己社長=10月29日、東京都内

 君島社長は10月28日、大阪市内で報道陣に「(位置情報利用のゲームを)どう取り入れていくか、まだ具体的なものはない」と答えるにとどまった。

 ただ、マリオの生みの親で同社のソフト開発を指揮する宮本茂専務は「IPの活用で大きな収益を挙げる野望はある」と語る。

 29年3月までにスマホ向けゲームを5本程度出すとしており、GPSを活用した「マリオでGO(ゴー)」のようなスマホゲームが登場するか。任天堂の新機軸として期待されている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。