「なぜ稼げるマリオを持ってこないのか」 任天堂のスマホアプリに落胆の声 (4/6ページ)

2015.11.22 07:02

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)【拡大】

  • ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のイメージ映像(同社のPR映像から)
  • 米ナイアンティックが運営するスマートフォン向けゲーム「イングレス」の画面
  • 経営方針説明会でプレゼンテーションする任天堂の君島達己社長=10月29日、東京都内

 任天堂のスマホゲーム第1弾には落胆広がる

 それだけに任天堂がソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)と資本業務提携して共同開発を進めるスマホ向けゲームにも「GPSを活用するのでは」と期待が高まっていた。

 ただ、任天堂が10月29日に東京で開いた経営方針説明会で発表した同社初のスマホ向けゲームアプリは、位置情報を使った最新型でもなく、「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」のような人気IP(知的財産)が登場するものでもなかった。

 説明会で披露されたのは「Miitomo(ミートモ)」だ。自分の似顔絵から作成したキャラクター「Mii(ミー)」が投げかけてくる質問に答えることで、友人と話題を共有できるというもの。説明会では君島達己社長が「新感覚のネタふりコミュニケーション」と紹介した。

 「Mii」は同社が平成18年に発売した据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」から登場し、任天堂ファンにはおなじみ。任天堂らしさが感じられる内容ではあるが、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などと似ている印象は拭えなかった。

特に海外のインターネットサイトを中心に失望の声が上がった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。