「なぜ稼げるマリオを持ってこないのか」 任天堂のスマホアプリに落胆の声 (3/6ページ)

2015.11.22 07:02

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)

ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の画面(同社のPR映像から)【拡大】

  • ポケモンなどが開発中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のイメージ映像(同社のPR映像から)
  • 米ナイアンティックが運営するスマートフォン向けゲーム「イングレス」の画面
  • 経営方針説明会でプレゼンテーションする任天堂の君島達己社長=10月29日、東京都内

 岩田氏も熱意

 忘れてはならないのは開発に参加した任天堂だ。今回のプロジェクトには2年間にわたり、7月に急逝した任天堂の岩田聡前社長が加わっており、石原社長は説明会の冒頭、「本来なら、今日ここで一緒に発表したいと考えていました」としのんだ。

 その後の記者会見では、「岩田さんとはスマホとゲーム専用機の相乗効果について議論を重ねていた」とも語った。任天堂がまだ参入していないスマホ向けゲームの開発に生前の岩田氏は並々ならぬ熱意を持っていたようだ。

 「ポケモンGO」への任天堂の関与はこれだけではない。スマホの画面を見ながら歩く危険性が指摘されていることから、石原社長は任天堂に対し「スマホの画面を見続けなくても『ポケモンGO』を遊べる専用デバイスはできないか」と持ちかけた。そこで任天堂が制作したのが、腕時計サイズの「ポケモンGOプラス」。スマホ端末と連動してボタンを押すなどしてプレーできる。

 任天堂とポケモンはグーグルと共同でナイアンティックに計2千万ドル(約23億8千万円)を出資し、位置情報利用ゲームの開発に本腰を入れていることがうかがえる。

それだけに任天堂がソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エーと…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。