サイトマップ RSS

石垣島から 星、花…夜の楽しみいろいろ (2/4ページ)

2015.10.1 09:00

サガリバナは東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生する。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育する。ピンクや白がある=沖縄県・石垣島(永山真治さん撮影)

サガリバナは東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生する。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育する。ピンクや白がある=沖縄県・石垣島(永山真治さん撮影)【拡大】

  • 南十字星は大航海時代には方角を知る手がかりとされていた(南十字星は下の石垣空港の明かりの左上)=沖縄県・石垣島(永山真治さん撮影)
  • ナイトジャスミン、別名ヤコウボク(夜香木)は、石垣島では季節に関係なく周期的に花を咲かせる。夜に開花し、昼は花を閉じるが数日間は同じ花が咲き続ける。強く甘い香りを持つ=沖縄県・石垣島(永山真治さん撮影)
  • 石垣島では「冬の到来の花」とされるレッドパウダーパフ。化粧パフのような花を咲かせる熱帯性常緑の低木。11月頃から5月頃まで咲き、遊歩道脇などに植えられ気軽に観賞できる=沖縄県・石垣島(永山真治さん撮影)
  • 暗闇に浮かび上がる白いサガリバナの木は、時間を忘れていつまでも見ていたくなる=沖縄県・石垣島(永山真治さん撮影)

 「マジックアワー」という言葉もある。こちらは撮影用語で、日没後に数十分ほどの薄明かりの時間帯を指す。色彩がソフトで、温かく金色に輝いてみえるので「ゴールデンアワー」とも呼ばれる。「黄昏(たそがれ)時」が一番しっくりくる言葉かな。見る人の心情を言葉にしたように思う。そんな黄昏時を満喫してほしい。

 夜のとばりを受け、次第に姿を現すのが南十字座。一般的には南十字星と呼ばれている。4つの明るい星からなる、サザンクロスとも呼ばれる十字の形が美しい星座だ。北半球に位置する日本では見られる地域が限られる。石垣島では5月から6月にかけて観測できる。午後7時半頃から10時頃までと少し短いが、ハッキリと見ることができる。

 ≪南十字星 自分だけの観測場所を見つけよう≫

 南十字星はその昔には、正確な南方向を知る上での指標とされた。位置は「ケンタウルス座の少し右下辺り」といわれる。スマートフォンの専用アプリがあって、南十字星を容易に探すことができる。

夜にしか咲かない「月下美人」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ