トヨタ、「ミライ」生産能力を3倍増強 受注4割はクルマ好きの個人客 (1/2ページ)

2014.12.16 06:36

トヨタ自動車の大型ショールームでは発売されたばかりの燃料電池車「ミライ」

トヨタ自動車の大型ショールームでは発売されたばかりの燃料電池車「ミライ」【拡大】

 トヨタ自動車は15日、世界初の一般向け燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発売した。水素を燃料に走行中に水しか出さない「究極のエコカー」として注目が集まるが、年間生産台数が700台と限られるため初日はイベントなどを行わず、静かな走り出しとなった。顧客からの引き合いが強いため2015年末までに現在の3倍程度まで生産能力を増強し、本格的な普及につなげる。

 ミライはこの日、愛知県豊田市の元町工場から1台目の完成車が出荷された。工場内の専用ラインで1日数台のペースで組み立てられる。

 東京トヨペットでは、予約受け付けを開始した11月10日以降、同社だけで120台受注した。官公庁や環境問題に関心が強い企業からの注文が多いが、4割は自動車好きの個人客だった。

受注の際、「納期はお伝えできないと話している」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。